3 / 3123

手術の影響を受けた顎関節症①

[2016年08月30日(火)] カテゴリ: 手術後の顎関節症

脳腫瘍種手術後に発生した顎関節症

48歳 主婦 女性

主訴:口が指2本分以上開かなくなった。

履歴:学生時代に悪性リンパ腫発症し放射線治療を受ける。歯がだんだんともろくなり殆ど入れ歯状態になる。2年前に脳腫瘍の手術を行った後、口が大きく開かなくなる。

他の症状:ふらつき、めまい、耳鳴り、視野狭窄、腰痛

所見:歯がもろくなり入れ歯を入れた段階から顎は不安定な状態にあると思われる。脳腫瘍の手術の後遺症として顎をはじめとした様々な不調が出現している。

施術:頭蓋、硬膜を緩めることを意識した施術を回数重ねることにより、ふらつきめまいや耳鳴りは少しずつ緩和している。口の開け幅は大きな変化は感じられないが、力を入れなくても開け閉めが出来るようになってきている。

お客様の感想:施術前に比べ疲れにくくなり、腰痛はかなり楽になってきているので引き続き施術を続けていきたい。

今後の方針:頭蓋骨や頸椎など骨を手術した場合は、当院の施術では症状の緩和に時間がかかると共に限界もある。しかしながら、根気強く自助努力も続けていくことで現状よりは良い状態に出来ると確信しているので、引き続き施術を続けていく。

歯科矯正による顎関節症①

[2016年08月29日(月)] カテゴリ: 歯科矯正後の顎関節症

反対咬合矯正のために抜歯した後から発生した顎関節症

30歳 会社員 女性

主訴:最近左顎がガクガク動きがおかしくなってきた。うまく噛めない。

履歴:10年前に反対咬合(うけ口)を矯正するため上下の歯を4本抜歯した後から顎の調子が悪くなる。暫くマウスピースをしていたが改善しないまま現在に至る。

他の症状:慢性的な肩、首のコリ マッサージに定期的に行くが改善せず。

所見:左顎がカコッと音を鳴らしてブレて開くため顔面の歪みも出ている。首周りの張りが強く下顎を前方に引く力が常にある。脚の長さも大きく違い全身的な不具合が根底にある。

施術:全身的な歪みの調整。特に頭蓋骨、手首、肘を調整することにより口の開け閉めは真っすぐ開くようになる。3回目で左顎で噛む事ができるようになり、噛み合わせも違和感減少する。5回目左顎の音は残るものの、口の開け閉めと噛み合わせが良くなった。また、首、肩のコリも以前に比べかなり楽になってきている事から一旦終了とした。

お客様の感想:何年かぶりに左顎がちゃんと動くようになり、噛み合わせが変化してきたことがとても嬉しい。

今後のケア:下顎は本来の状態(受け口)に戻ろうとする力が常にあるので、定期的に噛み合わせと身体の歪みを調整することが必要不可欠である。

ストレスによる顎関節症①

[2016年08月29日(月)] カテゴリ: ストレスと顎関節症

呼吸の浅さと精神的なストレスにて喰いしばりが強くなり発症したケース

27歳 会社員 男性 

主訴:3か月程前からあごが開きにくくなり、右顎に音も鳴るようになった。特に朝起きた時にこわばりが強く開きづらい。症状が出始めて1か月は痛くて開けられなかった。

履歴:歯科にて痛み止めの服用と夜寝る時のマウスピース(スプリント)を着用するがあまり変化を感じられず。
何年も前から歯科治療の際は口を長く開けている事ができず勝手に閉じてしまう。

その他の症状:偏頭痛 肩、腕、腰の痛み 不眠と下痢も頻繁に起こる

所見:肋骨の動きに問題があり呼吸も浅い。仕事のストレスと元々の呼吸の浅さが寝ている時の喰いしばりを強くした結果起床時のこわばりが出ている。右の顎関節を触れるだけで局所的な痛みあり。

施術:頭蓋骨と肋骨への施術をメインに呼吸調整を合計5回行った。3回目までに顎関節の痛みはほぼ緩和。5回目にて開口の不具合も軽減したことから一旦終了とした。

お客様の感想:痛みが殆ど無くなり助かった。呼吸が楽になった事で精神的なストレスも軽減した。

今後のケア:精神的なストレスは避けようが無いので仕方ないとしても、呼吸のコントロールを定期的に行う必要が良い状態を保つことに欠かせない。


3 / 3123